MUSTAKIVI

ONLINE SHOP

石本藤雄の故郷である愛媛県・砥部町の伝統的なやきもの「砥部焼」。窯元”すこし屋”とのコラボレーションにより皿を制作しました。石本氏が監修したプレートは、無駄を削ぎ落とした縁のないシンプルなフォルム。そこへ、氏のテキスタイルデザインのように、様々な美しい景色が透けて見えるような深みのある色彩が手仕事で施されています。
青磁、呉須、天目等の釉薬を用いた配色で、石本氏の作品にも共通した、凜とした世界観が広がっています。一点一点違う風合いを楽しんで頂きたいという石本氏の想いから、それぞれの写真を掲載しております。
丸のフォルムは、青磁、呉須、白の3色から、四角のフォルムはまだら模様の青磁、呉須、天目、白の4色からお選び頂けます。

縁のない和の美

縁のないシンプルなフォルム、潔いほどすっきりとした直線と曲線で構成されたプレートは食卓の空気感を引き締めます。また、和菓子をはじめ洋菓子、あるいは料理など幅広い食べ物を立体的に浮かび上がらせてくれるのです。しなやかでマットな質感や北欧らしい色彩も感じられるプレートは、洋風のうつわやガラスとも馴染み、テーブルコーディネートの幅も広がりそうです。

愛媛県・砥部町で約240年もの歴史をもつ砥部焼は、地元・砥部の陶石原料から形成され、一点一点、職人の手仕事で作られる伝統的なやきものです。鋳込み成形をしたのち形を整え、削り、水拭き、素焼き、絵付け、釉掛けが施され、ようやく本焼きとなります。成形から焼成まで、どの工程も全てが非常に丁寧な手仕事で行われています。大量生産では表現できない手仕事の色彩から、ぜひお好みの品を見つけてください。
※生産が小ロットの為、入荷に時間を要する場合もございます。ご了承くださいませ。

LINE UP

  • GOSU(角)

  • SEIJI CHIRASHI(角)

  • TENMOKU(角)

  • WHITE(角)

  • GOSU(丸)

  • SEIJI(丸)

  • WHITE(丸)